2018年06月30日

まんが喫茶落ちマンガも臭い(のがある)

中古本を良く買う。
多少の汚れは気にしない方だ。

しかし、、、

いや、びっくりした。
マンガ喫茶落ちのマンガがこれほど臭いとは。。
ページをめくるだけで匂ってくるなんてことがあるんだなと。

 心臓が止まるかと思ったわけではないので
 「びっくりした」は大袈裟だが適当な言葉が見つからない。


霊媒師いずな に引き続き読み始めた同作者コンビの
「地獄先生ぬ~べ~」中古全巻セット
全巻、最後の白ページに「まんが喫茶〇〇〇」の押印。

1/3程度が普通に読んでいても匂ってくる強さ。
臭すぎて臭すぎて読むのが辛かったのも1冊。
程度は異なるが匂いは全て同じ。

何の匂いかは正しくはわからないが
ネットで本の匂いについて調べたところどうもタバコの匂いらしい。

それにしても煙が当たっただけでこれほど匂いがつくものだろうか?
灰皿の底の液体を水で20倍に薄めて全ページにスプレーして乾かしたら
こんな感じかもしれないけど。

あるいは時間が経つと逆に臭くなる消毒液?でも吹き付けていたのか。


中古の普及や背取りなどの影響か
臭い本を改善する話はネット上にたくさんあった。

そのうち3つ試した。

① 「無香消臭剤」(この後タイヤ消臭でも使用)といっしょにビニール袋で密閉して放置
以前、無香消臭剤をトイレに長期間置いたら
何とも言えない匂いが残って気持ち悪かった経験があるので(この製品は知らないが)
普段は敬遠している。今回は本の脱臭の為に購入。
消臭剤が倒れると本が濡れて駄目になるし、ページが開いた状態で立てておく必要がある、
途中で袋を開けて効果確認をすることもあるため思ったより面倒。
IMG_1484.png



② 「空気清浄機(オゾン脱臭機)」の風を当てる。
空き家を所有していた時にかび臭い匂いを改善するために購入したもの。
押入れに入れるのは正しくない使い方と思う。(オゾン濃度が上がり過ぎるかも)
IMG_1483.png



③ 「重曹」を本にまぶしてビニール袋で密閉して放置
IMG_1506.png

重曹は本の脱臭の為に購入した
IMG_1507.png

全ページの間にまぶして、消臭後に
フカフカのはたきで大部分を落とし、塗装用の刷毛で奥に残ったものを落とす
結構面倒。
IMG_1523.png



効果の評価を載せられるほど試行していないが、今のところ以下のような印象。

 方法,     効果,手間,    費用
 無香消臭剤,  C, 1冊3分,  消臭剤代金
 オゾン脱臭機, C, 1冊1分,  電気代
 重曹,     B, 1冊20分, 重曹代金


どれも2~3日行うと ある程度効果はある。
しかし
一番良い評価をした重曹でも、匂いは残る。
オゾン脱臭機は簡単だけど電気がかかる。オゾンの効果か単に風を長時間当てたからか不明。
無香消臭剤は袋に入れて密閉するのが面倒だけど効果はそれ程でもない。


中古で安いケースとして、レンタル落ちのCD・DVDも構わず買っていたが
こちらは実害がないことが多かった。

しかしマンガ喫茶落ちのマンガは違うんだな。
価格差が大きければ今後も買うかもしれないけど。


*タバコについて
 タバコは止めているが別に嫌煙家ではない。



マンガの臭い取りの結論





posted by 店長 at 20:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

タイヤは臭い

車を12カ月法令点検に出すついでに夏タイヤに履き替えようと
袋に入れて保管していた2シーズン目になるA社のエコタイヤを
雨の止んでいるタイミングで袋から出して車の後ろに載せておいた。

一昨日、天気が良かったのでドライブに出ようとしたところ
車内が臭くてびっくりした。

タイヤを積むと多少臭いのはいつものことだけど
過去のタイヤで経験したことのない
こやし みたいな匂いが充満している。

カーステで音楽を聴くのは我慢して窓全開でしばらく走る。
窓を開けていても一日耐えられるレベルではない。

ホームセンターかカー用品店でビニール袋を買おうとも考えたが
「無駄遣いしたくない」「せっかくの晴れ間だから」と迷った挙句
家の周りを15km、1時間程走ってドライブは止めにした。

家に戻り対策は無いのかとネットで調べたところ
やはりビニール袋に入れる位しか方法が無さそうであった。
尚、A社のタイヤは特に臭いらしい。やっぱり。

気休めに、最近別件で買ったが結局無駄遣いとなってしまった
部屋用の無香消臭剤を車に置いてきた。

IMG_1496.png


昨日、点検に持って行く際に車に乗ったところ
一昨日よりはマシになった気がした。
感覚を数字で言うと 40%Down位。

消臭剤の効果か、タイヤを保管袋から出して時間が経ったからか、
実は自分が慣れただけか、本当のところは不明。

いずれにしても
こやしから2mの距離の匂いが5mに変わった位の話で
ドライブを楽しめるレベルではない。

今度からタイヤを買うときは
価格に加えて匂いも考慮しようと思う。


面白くないかもしれないが次回は臭い話2
posted by 店長 at 18:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

吸音パネル作成

頭の後方からの反射音対策の為の吸音パネルを作成した。

膨らみ完了した吸音シート(前回の膨らむ前の写真と同じ量)
IMG_1487.png


元々の構想としては
部屋のスピーカ側をデッド、自分側(スピーカ側以外)をライブに
であったが
頭の後ろの反射音が強く、質的にも耳障りな感じがしたため 微修正を入れた感じ。


参考になるようなものかわからないけど
一応 構造等を貼っておく。


設計図
壁紙下地のベニヤ板作成時の図面を流用したので横向きになっている。
茶色部分が吸音パネルのフレーム、前面視のみで三面図は描いていない。
枠の後ろ側は開放、厚板に吸音材を貼るよりBetterと考えたが本当にそうだったかは?
材料
 24x48x1820 :赤松(塗装した)
 15x45x996 :赤松(塗装した)
 2.3x40x996 :ラワンベニヤ(一応塗装した)
 吸音材貼りつけ及びベニヤ鳴き防止:ブチルゴムテープ
                  (吸音材には着き悪かった)
CapD20180620_3.png


枠を部屋にネジ止め
IMG_1490.png


吸音シート貼りつけ完了
IMG_1491.png


音を聴くときの状態
IMG_1493.png



完成までの数日間は長座布団を頭の後ろに置いて暫定対策していたが
パネルに置き換えて聴いてみたところ効果は想像以上だった。

高音のきつさがほとんど無くなり
 →きつさはガラスと壁の反射の周波数特性によるものだったようだ

スピーカの間だけに展開していたサウンドステージが部屋全体に広がってきた。
 → 真後ろの反射音が減少し、相対的に遠くの壁や天井の反射音が聴こえる
   ようになったのではないかと感じている

自画自賛が過ぎるのは恥ずかしいのでこんなところで。
言っても6畳間だからスケールの小さい話ですが。



posted by 店長 at 21:46| オーディオ | 更新情報をチェックする