2017年08月26日

リスニングルーム案・テレビ

リスニングルーム案

リフォームは天井に壁紙を貼る作業に時間が掛かっている。

貼る事自体は30分も掛からないのだが  *プリント合板1枚分の45x360[cm]分当たり
(ノロノロしているとノリが乾いてしまう)
和室によくある木目のプリント合板に壁紙を貼るための
下地作りと貼った後に45cm間隔の溝に合わせて
カッターで整える作業に時間が掛かる。
あと2日程度で終わると思う。


同じプリント合板を使っている別の部屋の写真
この写真の部屋は綺麗で、これ位なら何もしないところだが
リフォームしている部屋の天井はかなり黒ずんでいた為やむなくリフォーム
IMG_0457.png


壁紙で貼り換えが完了した部分
安っぽい?
IMG_0458.png


現在のリスニングルームの構造案のイラスト
LRoom.png


6畳長辺にスピーカを配置。
イラストは2,3年前に購入しながら鳴らせずにいる DIATONE DS-1000ZAのつもり。

スピーカ下の畳2枚を捨て
畳と同じ大きさの杉集成材の板を使って高さ20cmのステージ風にする。
スピーカの間の150cm分は杉板の下に空間を作りオーディオ機器スペースにすることで
サウンドステージから余計なものを排除する。

スピーカ背面はフスマを外した押入れ空間とカーテンでデッドエンドにし、
左右斜め後ろに音響調整板を配置してライブエンドにする。

真ん中にある丸いのはちゃぶ台。
音的には小さい方が良いはずで 丁度良いのを見つけてあるんだけど
高いのでお金が惜しくなったらコタツで代用する可能性あり。



テレビ

テレビでアメイジング・スパイダーマン2を見た。

相変わらずアメリカのSF映画は面白い。
何故か邦画やテレビドラマを2時間見るより満腹感がある。
恋人役のエマ・ストーンが可愛かった。

しかし、人の良さそうな電気技師や主人公の旧友が簡単に悪役になっちゃたり
恋人や 悪役化した元いい人 が無慈悲に死んじゃうのはアメリカ映画にしては珍しく後味が悪い。
安心して見れなくなっちゃう。
これはスパイダーマン風味なのか。


テレビ放送は
「水曜どうでしょう」「ウルトラセブン」の再放送と
両番組の間にやってる「クルマで行こう」
位しか定期的には見ていないんだけど

少し前に買ったPAL版DVDの「幽遊白書」を
幽助が闘神に転生して仙水を倒すところまで見た。
放送当時の記憶では、
これ以降は ネタ切れなのに大人の事情で無理やり引き延ばされた みたいな感じで
さほど面白くない記憶がある。
しかし幽遊白書の前半分は最高。

電気・機械のエンジニアもフンドシを締めなおして頑張らないといけないけど
音楽含めエンターテイメント分野も
国策でもなんでもテコ入れして
日本製品と文化の相乗効果を狙わないとないともったいないと思う。



posted by 店長 at 22:36| オーディオ | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

Bluetoothマウスで完全解決・脳力拡張

Bluetoothマウスで完全解決

少し前に、ノートPCのマウスが引っかかる症状が発生して
自動インストールされた更新プログラムとその他不要なソフトを
アンインストールしたところ直った(気にならないレベルになった)
と書いた。

しかし、PCを再起動せずに何日も使っていると
徐々にマウス動作のスムースさが失われてくる傾向にあることがわかった。

アンインストールにより改善はしたが
完全に治った訳ではなかったようだ。

マウスがスムースでないとかなりストレスになるのでいろいろやっていたのだが
ある時、動作を止めていた内蔵トラックパッドを試してみると
USBマウスの引っかかりの悪化度合いに関わらず
いつでも絶好調であることに気が付いた。

つまりマウス不調は
「CPUの負荷状態には関係無さそう」
「メモリの使用量にも関係無さそう」
とわかった。

と言うことは
!USBか

はたと気が付き、Bluetooth内蔵ノートPCではUSBを経由しないで使える
Bluetoothマウスを買って試すことにした。

結果、動作状態に関係なく いつでもマウスは絶好調
過去の無線マウスで経験した無線途切れによるらしい引っかかりも皆無である。

但し
 しばらく使わないと接続が休止するのか、再接続するのに?タイムラグがある
 マウスの電源ON/OFFがやや面倒
などがあるが
これらはコードレスの利点と相殺される程度。

購入時、amazonで 1,189円 であった。

http://www2.elecom.co.jp/peripheral/mouse/m-xg1bb/
エレコム ワイヤレスマウス
Bluetooth BlueLED 5ボタン Mサイズ レッド
M-XG1BBRD


追記 2018/8/12
 M-XG1BBRD は良かったが、誤って踏んでスイッチの具合が不調になったので
 同社のBluetoothマウス elecom M-BT12BR を買ったらUSBマウスとはまた違った感じの引っかかりが出た。
 Bluetoothマウスなら何でも良いわけでもないようだ。
 今は不調のM-XG1BBRDを自分で分解して修理して使っている。
 さらに予備としヤフオクでM-XG1BBRDを買って保管してある。





脳力拡張

PCは脳の拡張ツールである。
インターネットで遠くの物や過去の物を見ることが出来、
計算は頭の代わりにエクセルやimemoで代用、
テキストで文章を書きながら頭を整理する

普通のソフトが多少遅いのは気にならなくても
マウスがカクカクするとひどくストレスになるのは
マウスがPCと人間(の脳)とのインターフェース(異種機器の接続点)
を担っている為だと思う。
PC内部にありながら
半分はPCに突っ込んだ自分の指の延長なのだ。大元は脳につながっている。



多分
最初の脳力拡張ツールは 棒と地面 であった。
地面に絵を描くことによって脳内の一時メモリを外部に記録・拡張した。
PCに置き換えれば、棒がインターフェース・地面がCPUと画面 である。
絵に加えて 文字・数字・グラフ 等が発明され
棒と地面 は いつしか 鉛筆と紙 になった。
今でも鉛筆と紙は重要な脳力拡張ツールだろう。


1940年代、最初のコンピュータが発明された。
最初のコンピュータがどれに当たるのかは置いておいて
ENIACのインターフェースは入出力ともパンチカードだったらしい。
パンチカードはキーボードと画面になり、後にマウスも加わった。
インターフェースの位置を
コンピュータの画面上 から 人間の体に直結する試み
がバーチャルリアリティであろう。

バーチャルリアリティの前に
 マウスのカクカクをどうにかせい
と皮肉を言いたくなるが。。


ここからが本題。

技術的な難題、
素直にウンと言わない誰かを説得する方法、
その他難題に直面し
思考停止 や 解決の目途が思いつかない 時の秘密兵器
あるいはちょっとした事項の整理にも
以前から愛用しているツールを紹介する。

難題の多くは、そもそも難しいのに加えて
状態が複雑で、脳の一次メモリが飽和して整理がつかなくなる
のが原因と思われる事が多い。

「 IdeaFragment2 う~」
 (ドラえもん風)

ソフトの使い方の大筋は、さわると何となくわかると思う。

僕の場合の使い方であるが

KJ法は多少参考にするが、ルールには縛られないで 自分の好みで やる。

・画面をクリックして
  現在の状態・既知の事項
  思いつき
 をカード風メモに 思いつくまま に書き込む。

・関連性のあるものを線で接続したり
 移動してグループでまとめたり
 する。

慣れてくると

・頭の中で飽和した事項を画面上に置くことで脳の一次メモリを解放
・グループや関連付けで一度に考える要素を減らす。
・都度都度の思い付きをカード化して活用。

などの効能が発揮され手放せないツールになる。
(人によると思うが)

ifd.png


あと、同ソフトは頻繁に更新されているためか
時々不調のバージョンにあたることがあるようだ。
僕は現在古いPCから転送したVer1.50を使用している。




posted by 店長 at 11:14| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

強運掴み矢

水曜日、朝から天気が良かったので
鶴岡八幡宮に「強運掴み矢」を買いに行くことにした。

この手のものは初詣の時に買う人が多いのではないかと思うが
初詣は混んでいそうで行く気になれないから
前回も暑い日に買いに行ったのを覚えている。

ただ、前回は横浜から10km少々だったが
現在の相模原からは30km少々。

平塚まで南下し
134号線(エボシライン)を東に向かい
東京近傍の若者(元若者)にはおなじみの、滑川交差点を北上
したところが鶴岡八幡宮。

真夏の134号線を一人で走ると
若い頃に出演した映画のシーンに戻ってきたような感じがする。
(もちろん映画など出ていない)


神社の裏手にある駐車場の方から上がっていくと
連なった小さな鳥居に
 東京都 蛭子能収
の文字が。

しかも一番目立つところだ。
失礼かもしれないが神社と蛭子さんとは不釣り合いな気がしたので
あの蛭子さんって 能収さん だよなあ???
と半信半疑。



蛭子さんの奥さん?の鳥居の後ろには
 東京都 井上大輔
もしかして 故井上大輔さんだろうか?

井上大輔さんは 僕の好きなところだと
 クライマックスご一緒に(あんみつ姫=小泉今日子)
 め組のひと、涙のスウィートチェリー (Rats&Star)
などを作曲している。



販売品を軽く眺めた後、やはりお目当ての
 強運掴み矢
を購入。

巫女さんが
渡す前に箱を開けてパーツを1個1個 確認してくれた。

強運掴み矢の強運パワーを感じているから何度も買っているわけだが
今年は美女巫女さんパワーも加わったような気がして嬉しい。
ちなみに価格は2千円。

そうか
ギャンブラーの蛭子さんも強運が目当てか?

IMG_0455RT.png


裏手から入ったので、神社正面の階段を入口方向に下り広いところに出ると
何やらぼんぼりのようなものが沢山並んでいる。

今度は みのもんた の文字が目に入り 思わず撮影。
ぼんぼりを見ていくと やはり有名人多数。
庵野秀明さん、またまた蛭子能収さん はイラスト入りだった。
やはりあの蛭子さんだったんだ、とヘタウマイラストで明確になった。

ぼんぼり祭り


この日は高確率でドラマチックな写真が撮れそうな
vivitar ultra wide&slim を持って行ったが
フィルムの為、すぐには上げられないのが残念。


posted by 店長 at 17:38| 日記 | 更新情報をチェックする