2014年12月11日

ゆる系BGMスピーカ「たぬきち」製作1

凝り性がたたって進まなくなっている「Matsuri」の完成が待ちきれないのと
更にユルいラジオ代わりのBGM用スピーカが欲しくなってきたため
新スピーカ「たぬきち」を一日で設計(設計もユルい)、製作も一日で!とも思ったが、
塗装も含めると到底無理なので2週間くらいの予定で製作を開始した。

SPユニットは また ALTEC(ElectroVoice) 、 409-8E 。

409-8Eの用途と周波数特性から想像するに
 明瞭度が高く、音声帯域トータルでは音圧が低く済むことから
 実使用時の近所迷惑度(音漏れ)は少ない。
 モノラルで近距離に置いて使うことも騒音防止に有利。
の予定。

モノラル。
聴くのはほとんど マルチマイク録音~ステレオミックス した音源だから
モノラルでプレゼンスが創生できるスピーカ、
もしくは スピーカセッティング ならば
ステレオ再生にこだわる理由もなかろう、と。

Model Name「たぬきち」の理由は
地味な外観と 塗装に使う柿渋の色がタヌキっぽい、あと タヌキ愛。
剛性が足りなくて たぬきの腹鼓 みたいな音が出そう、とかは関係ない。


< 設計と製作 >
* 非公開に変更

3面図
* 非公開に変更
代わりに完成時のリンク追加
http://udonyanocurry.seesaa.net/article/450868934.html


シミュレーション
("自作スピーカー設計プログラム" 様を利用させていただきました)

2014-12-11_215810.png

2014-12-11_215845.png


ホームセンターに板取図を持参してカットしてもらった
hc_cut20141210.Jpg


柿渋塗装が完了したので組み立てに入る。
kumitate20141210.Jpg

塗装がボンドで汚れてしまった。これから修正の予定。また時間が!




posted by 店長 at 22:26| オーディオ | 更新情報をチェックする